top of page

絵本の時間②

戸外のプールの水面に氷が張るほどの厳寒な季節、ひろばから見える多くの木々の葉はすべて落ち、凛とした枝だけの姿は冬の景観そのものです。


今月も絵本好きのママたちが集まり、1月の「絵本の時間」を楽しみました。

はじめに自己紹介をしながら、持参した絵本の紹介をしていきました。




絵本の読み聞かせは、定番の絵本から始めていますという方、0歳の頃から読み聞かせを楽しんでいますという方、2人目が生まれてからなかなかじっくり絵本を読んであげられない、絵本は大好きだけど忙しい毎日で読んであげられないという方など、保護者の方々の絵本への熱い思いが話されました。

字のない絵本では、「今日は、私が読んであげる!」と言ってお子様が自分でお話を想像して読んでくれるのが楽しいというお母様からのお言葉がありました。



また、別のお母様から、「子どもはゆっくりと世界を知っていくということを毎日の読み聞かせから感じている」とのお言葉があり、素敵な時間を過ごされているなと感じました。



今日紹介された絵本:

『しろいしろいころわん』『とけいのえほん』『あおくんときいろちゃん』『ふたりはともだち』『おなら』『ねないこだれだ』『ふわふわとちくちく』『いちばんでんしゃのうんてんし』『ノンタンぶらんこのせる』『うさこちゃん じのないえほん』『いっすんぼうし』『じゃぐちをあけると』『みどりいろのうさぎのはなし』など。



最後に、今日一番聞きたい絵本として『ゼラルダと人喰い鬼』をお持ちいただいたお母様に読んでいただきました。




bottom of page